ディール推進要因 アジア太平洋地域2019

Mergermarketと共同で公開されるこの報告書は、アジア太平洋にわたる2019年のM&Aディール・フローの包括的な調査を提供します。

2019年の地域全体でのM&A取引価値は、前年比16%以上落ち込みました。にもかかわらず、年間合計取引額は2009年の約2倍規模で依然、取引市場からの強いリターンを表しています。

ハイライト: 

  • 米中貿易摩擦によって地域活動に負の影響。
  • TMTおよびエネルギー、鉱業および石油・ガス部門の大幅な低下は、全体的なディール価値の低下となる最も大きな要員。
  • ディールの観点から、もっとも活発な地域は北部アジアおよび東南アジア。
  • 中国は成長が鈍化し、国内の流動性が低下。
  • 低金利と経済成長低調により、日本企業の有機的成長を生み出すことが困難に。

報告書全文をダウンロードし、ヒートチャート、アドバイザー・リーグテーブル、セクター分析、2020年に向けたディールメーキングに役立つトレンドなど、地域のM&A活動に関する詳細をご覧ください。

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline
M&Aの新たな状況: オーストラリアとニュージーランド

オーストラリア&ニュージーランドのM&A実務担当者の多くは、今後5年間で、テクノロジーによってディリジェンスプロセスにおける分析能力やセキュリティが向上することを期待しています。本レポートでは、M&A実務者の声を紹介しています(「M&Aの新潮流 - オーストラリア・ニュージーランド」)。

Australian City Skyline
Deal Drivers APAC FY 2020

このDeal Driver APAC FY 2020レポートは、APAC地域の今後の見通などの情報をご提供します。

City Skyline
Staging - Publish 2